木下製作所はミュージアムやイベントなどの展示装置、情報機器を設計・製作する京都の会社です。

※この用語集は専門書や解説書などを元に当社が独自に作成・編集したもので、他の用語集と内容が異なる場合があります。

パーティション / Partition

間仕切り・隔壁の意。建物の内部を分割する固定壁、あるいは移動可能な間仕切り、空間を視角的に仕切るガラスや格子などをいう。

ばかあな / 馬鹿穴

組立てを容易にするためボルトなどを通すのに、必要以上に大きくあけた穴。

はにかむこあごうはん / ハニカムコア合板

クラフト紙やアルミ薄板を蜂の巣状にして心材に用い、両面に合板・金属板などを張り付けたもの。

パネル / Panel

枠組にベニヤ板や板を張った平板。壁・床用のベニヤパネル、板パネルなどがある。

はば / 幅( 略称記号:W )

記号は寸法数値の前に付ける。

はばき / 幅木

壁の最下部で床に接するところに用いる、幅50〜100cmほどの横板。見切りや損傷を防ぐのが目的。

はめごろし / 嵌め殺し

嵌めたままで開閉のできない状態。例えば「嵌め殺しの窓」という。

ばり

金属パイプなどを切った時に、切り口からはみ出した不要な部分や、プラスチック成形品の型よりはみ出た突起部分。

はり / 梁

上部からの荷重を支えるため、あるいは柱を緊束するための柱上部の横架材。

はんけい / 半径( 略称記号:R )

記号は寸法数値の前に付ける。

ひじゅう / 比重

密度ともいう。20℃、1・の水の重さ1gに対して、同温・同体積の物質の重さの比を示す。

ひっぱりりょく / 引張り力

物体内部に生ずる応力のうち、引き伸ばすように作用する力。

ファサード / Facade

建築物の正面のこと。普通は玄関側の正面をいう。

ぶいち / 分一

何分の一という縮尺のこと。図面に寸法記入のない場合、ものさしをあてて長さを求めることを「分一を当たる」という。

ふねんざいりょう / 不燃材料

材料自体が燃焼せず防火上有害な変形・溶融などがなく、室内面に用いる場合は有害な煙・ガスを発生しないもので、国土交通大臣が指定する材料。

ふみづら / 踏み面

階段で足をのせる段の上面、またはその段の幅の長さのこと。踏み幅ともいう。

ブレース / Brace

四角形に組まれた軸組に対角線状に入れた補強材。筋違(すじかい)ともいう。風や地震などによる水平力に抵抗し、四辺形が菱形に変形するのを防ぐ。

プレート / Plate

枠組なしで平板が保てる程度の丈夫さを持った板。ベニヤの切りっぱなしや金属板を指していうこともある。

へいべい / 平米

面積を表す単位。平方メートル(m²)の俗称。

へいめんず / 平面図

水平投影面上の投影図。単に平面図という場合は、間取り・什器物の配置などを示すために、適当な高さの水平面で切断した場合の平面図を指す。

べっとこうじ / 別途工事

契約に含まれていない工事。または見積りの対象から除外されている工事のこと。

ベニヤパネル / Veneer panel

枠組にベニヤ板を張ったもの。展覧会・見本市などの間仕切り用に使うユニット規格材。

ボード / Board

板塀・掲示板などの板をさす。サインボード(看板)、ブラックボード(黒板)など。

ホールインアンカー / Hole in anchor

既存のコンクリート壁や床などに、ものを取り付ける場合、穴をあけて打設する金物。

ほね / 骨

心となって支える材。建造物の骨組に用いる鉄材・鉄骨。